2018年2月15日木曜日

ディーフェンス!ディーフェンス!

ふっひょっひょっひょっ、怒られちゃったー♪ ごきげんよう。

こんな日曜ビッグバラエティは嫌だシリーズ。

「海の水ぜんぶ抜く」
どんな天変地異だよ。地球温暖化どころの騒ぎじゃねえ!
「川の水ぜんぶ抜く」
上流からどんどん流れてくるんですがそれは。
「川の水ぜんぶせき止める」
だからって…ダム建設ドキュメンタリーになっちゃってるし。
「ひざの水ぜんぶ抜く」
それも医療ドキュメンタリーか何かだろ!
「風呂の水ぜんぶ抜く」
2日目は追い焚きで十分入れるのにもったいない…(うわぁ
「御茶ノ水ぜんぶ抜く」
中央線快速かな?
「池の主ぜんぶ釣る」
ビッグフィッシングでやれ。<それ他局の番組!
「池の在来種ぜんぶ抜く」
それこの企画で一番やっちゃいけないやつだよ。
「池上のディフェンスぜんぶ抜く」
定評あるって言ってるのに…。設定仕事しろ。
「池乃めだかの身長ぜんぶ抜く」
むしろ誰からも背が抜かれてないと個性がなくなる件。

2018年2月14日水曜日

約束された勝利の剣

すき家の中盛って糖質制限ブームの前からあった気がする。
なんという先見の明。ごきげんよう。

ファッションショーで下着をつけない理由がいまだに納得いかなくて
定期的に考えるんですけども。<ていうか何に頭使ってんの!!

服自体を見せるためだとか下着があるとデザインが崩れるとか
言いますけど、でも最終的にその服を買った人って下着とかの
上から着ますよね。
上はさらにヒートテックかもしれないし下はパッチはいてるかも
しれませんよね?!(そこは具体的に想定しなくていいよ)
その状態で見栄えがどうなるかの確認はいらないのでしょうか。
ひわいな例ですが下着の線が浮くかどうかとか買う前にチェック
しなくていいですか?
言うならば単体テストだけして結合テストしていない状態ですが
それで出荷してよいのか、というところに疑問を感じます。

最終的な見栄えという意味では、着る人もいわゆるモデル体型
ばかりではなくもっと普通の人もいたほうがよいと思います。
こちらは悪影響が実際問題になっていて、やせすぎたモデルは
使わないようにという動きが一部で始まっているようですが。

いや…わかってるねんで?
モーターショーのコンセプトカーと同じで製品化を前提としない
デザインありきの発表だということは。
だとしても裸の上に直接着せることへの説明がつきませんし、
やはり一部の人たちの目の保養のために消費されているのでは
ないかという疑念が拭えません。(急に真面目になるなよ

2018年2月13日火曜日

友達を作ると人間強度が下がる

モルゲッソヨって折田先生像的なノリ? ごきげんよう。

危険なあおり運転の問題が話題になったときに、なぜ逆上して
そのような行動に出るのかという問いに対して「彼女や妻子の
前で人から注意されるなど恥をかいたときが一番キレやすい」と
答えている人がいてたしかに当てはまるかもと思ったんですが、
…いやいやそこでキレるとかDV予備軍だろ。(でたよ)

おん的にはむしろ一番感情を抑えないといけない場面だと
思うんですが。
居合わせた人に、自分が怒鳴ったり暴力をふるう人間だと
知らしめてしまうわけで。
本来守りたいと思っている連れに、その怒りがいつか自分に
向くかもしれないと不安を抱かせる、委縮させる、その時点で
もう恐怖政治の始まりですよ。

彼女の見ている前でいいところを見せたい、などという魂胆が
あるのかもしれませんが、まるでヤンキー漫画的発想というか
現実に取ってよい手段とは言えません。
自分が攻撃を仕掛けたことで相手からの反撃が連れにも及ぶ、
危険にさらされる可能性もあるわけで、そこまで考えていない
時点で本当に大切に思っているのか疑いたくなります。

一緒にいる人の安全や、不安にさせないことを第一に考えつつ
あくまで理性的に行動する姿、大人の対応こそが「いいところ」
だと思うんですが、そう思えない人は早かれ遅かれ誰に対しても
力で支配しようとする本性を現すんじゃないでしょうか。

2018年2月9日金曜日

「低温やけど注意」は関西弁ではありません

で、でた~、友達よりも少し前に走ってから靴ひも結奴~。
ごきげんよう。

寒波でホームセンターの使い捨てカイロが品薄というニュースを
見て、そういえば昔はよく使ってたなあと思い出しまして。

雪国の生まれですが京都の冬の冷え込みは別物というか別格で、
とにかく耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍ぶような毎日でした。
そこでコーナン行ってきりばい箱買いですよ。
(べつに固有名詞出さなくていいよっていうかやってること完全に
コテコテの関西人じゃねえか)

それで冬をしのいでいたんですが、ある年の出張だかで、背中に
カイロ貼ったまま飛行機乗ろうとして「検査場で引っかかるよ」と。
そういえば金属ですもんね…。
これをきっかけに脱カイロの防寒対策しようと考えを改めまして。
そこでユニクロ行ってヒートテック大人買いですよ。
(やってることさっきと大差ねえよ)
下はもちろんパッチ。<パッチも関西弁だろ!

おかげで今はカイロに頼らずとも冬を越せるようになりましたが。
それでもふと当時のことを思い出すというか、だってきりばいの
空き箱を入れ物として今も使っているのでつい目に入って、ええ。

2018年2月7日水曜日

うそつきむしのせい

毎日パッチはいてると足の血行がいまいちな感じ。ごきげんよう。

昔から言われていたことが実は根拠のないものだった、という
ことがときどきあります。
暗いところで本を読むと目が悪くなる、なども現在では科学的な
裏付けはないとされています。

悪いことをするとばちが当たるといったようなしつけのたぐいも
同じなのではないでしょうか。
もちろん宗教観にもとづいた考え方もあるでしょうが、説得力の
ないことを子どもに信じ込ませるための方便だったのでは、と。

大人の言うことは絶対ではない、と成長の過程でいつかは気づく
ことですが、ひねくれたガキだったぼくは早いほうでしたので
大人から頭ごなしに言われるしつけによく疑問を持っていました。
なぜ守らないといけないのか、なぜ禁止なのか、ちゃんと理由を
説明してくれたらやるのに、と思っていましたが納得いく返事を
もらえた記憶はほとんどありません。
説明して理解できる子ばかりではないから、というのは何となく
わかりますが。

自分が下の世代…に限りませんけども、人にものを教えるときは
自分のような理不尽な思いをさせたくないという気持ちが第一に
あります。
自分自身がその事柄に対して正しい知識を持ち、理論武装というか
筋道立てて相手を説得できるようにならなければならない、そうで
ないことは上の立場から言ってはいけない、というスタンスです。
根拠なきルールなど従う必要はないし、それでも言ってくる人は
相手より上の立場に立とうという意識しかないだけです。

2018年2月6日火曜日

単純所持

これ以上いたら肺をやられてしまう…!(部屋が寒すぎて)
ごきげんよう。

まどかマギカのネーミングの逆パターンというか、下の名前が
苗字みたいなキャラクター挙げていったら面白いんじゃないかと
思いまして、

僕は、前川宮内ちゃん!<それが言いたかっただけだろ

2018年2月5日月曜日

上に落ちる変態

英語でbust upって破裂するって意味だからな?
…ごきげんよう。<何

Webサイトによく「ページの一番上へ」っていうリンクとか、最近は
タブみたいな見た目のものも多いでしょうか、設置されていますが、
ほとんど使ったことがありません。
ホイール回したりスワイプしまくって力技で一番上まで行ってます!
(そこはせめてHomeキーとか言えよ)

あれってつくりによってはページ内のアンカーへのリンクだったり
するじゃないですか。
それをクリックすると同じページなのに履歴にカウントされるので、
戻る/進むを組み合わせて閲覧しているときに足踏みさせられると
いうか、たとえば「戻る」を1回押したら前のページに戻るはずが
ページ内ジャンプしたことで2回押さないと戻れなくなる、という。
あの動きが違和感あるというかどうにも不便でして、なのでなるべく
踏まないようにしています。

サイト作成者からしたら利便性向上のためにつけているでしょうが、
かえって避けられることもあるということです。