2018年4月20日金曜日

どうして差がついたのか…慢心、環境の違い

記憶がない…。<どういうこと ごきげんよう。

本棚の整理が必要になったので、改名した漫画家の旧名義の
コミックスを処分することにしました。
それまで思い入れがあって持っていたわけですが、でも本人が
名前を捨てたということは黒歴史扱いなのかなと想像してしまい
多少冷めた部分があるのは事実です。

作者の名前ってファンにとっては重要で、名前をキーにして
調べられるからこそ、昔好きだったあの作家がまだ現役とか、
この人ってこんな作品も描いてたのかとか、そういう発見や
喜びがあるわけで。
いつの間にか改名していたりするとそれが追えなくなります。
本人的には追いかけられたくないのかもしれませんがー。

…ぼくですか? 2002年に今の名前でデビューしましたよ?
本当だよ?

2018年4月19日木曜日

ソーローは数で勝負!

野菜食べるとお通じよくなるって言ったって即効性すぎィ!(何
ごきげんよう。

最近ニュース番組がつまらないというか…。
家帰って夜のニュース見ることが日課だったんですが、だんだん
見るのが苦痛になってきてチャンネル変えることが多くなりました。

だってテレビでも新聞でもインタネでも、ニュースの醍醐味って
毎日新しい話題、新しい情報が入ってくることじゃないですか。
それが今日も同じ話題、またこの話か、どうでもいいよというのが
あまりにも続くものですから。
一部の声の大きい人ばかり取り上げたり、スポンサーや関係機関の
顔色窺ったり、そういうのがもう自分の中で限界に来てるのかなと。

2018年4月17日火曜日

そーゆー宗教っぽいのわからないけど

そういえばマタタビって見たことない。ごきげんよう。

こないだ法華クラブというホテルに泊まりまして、名前だけだと
宗教施設のようですがいたって普通でした。
部屋に般若心経すら置いてないんですがー。<それはねーよ
ていうか朝食バイキングで地元の名物ほぼコンプとかもうね。

でもどこかで名前見たことある気がしてたんですが、そういえば
京都駅前にありました…。

2018年4月16日月曜日

なんちゅーメガネかけとんじゃい

花粉少ない予報なのに鼻がズヴィズダー。ごきげんよう。

最近エロいもの見かけると「ハアーン?!💢」とか血管のマークが
語尾につくようになった気が何となくします…。<どういうこと
ただの興奮じゃなくてけしからん的な。(老害感)
けしからん、実にけしからん、もっとやれ的な。(最悪じゃねえか

ケータイ逆パカとか昔は意味わからなかったんですが、きっと
こういう感情だったのかもしれないなと。<それもどういうこと

2018年4月13日金曜日

リップがバリ処理でコンシーラーがサフでルージュが塗装でグロスが光沢処理や

オオミスジコウガイビルとか究極の怖いもの見たさ。ごきげんよう。

幼稚な考えかもしれませんが、化粧なんてない世の中になれば
よいのにと昔から思ってまして。
だって時間の無駄じゃん。(でたよ)
いや無駄というか、雪国の人にとっての雪かきとある意味同じで、
本来やらなくてもよい作業に多くの人が縛られて時間を費やして
いるわけですから。
みんなでせーので化粧やめようぜ、ってできればいいんですが。
まどかがキュゥべえと契約でもしない限り変わらないでしょうが。

もちろん、みんながやってるから仕方なくという人ばかりでなく
自ら好きこのんでしている人もいるでしょう。
化粧して美しくなりたい、自分を変えたい、その願望の根底には
何があるのか、と推測したときに、やはり他人からほめられたい、
よく見られたいという思いがあるのではないでしょうか。

根本的なことを言えばその価値観そのもの、つまり人を容姿で
優劣つけることがなくなれば願望も自然消滅するでしょうか。
論点ずれるかもしれませんが「需要と供給」の需要側の存在が
諸悪の根源だと思ってまして。
誰もが顔のきれいな人やかわいい子ばかりもてはやす、だから
我先にとそこを目指そうとしているのが現状ではないでしょうか。

太古の時代から続いている人類の営みですからどちらが鶏で
どちらが卵かわかりませんけども…。
もし本当に誰も美を追求しない世界になったら、それでみんな
幸せなのかというと必ずしもそうではない気がするし、うーん。

2018年4月12日木曜日

食べログポエム

定期券のタイミングでゲソ天販売休止とかもうね。ごきげんよう。

外食がおいしいと感じるのは単に味つけが濃くてインパクトが
強いだけです。
塩分量や栄養バランスを犠牲にして一時の満足感を得ているに
すぎません。
味覚や脳がだまされていることを認識し自制を心がけましょう。
(オチません!)

2018年4月11日水曜日

Let us alone.

バニーガールは貧乳派です。(帰れ) ごきげんよう。

「野菜が高い」のは誰のせい?

天候不良による不作で価格が高騰するたびに消費者に打撃と
ニュースになるのがもはやお約束ですが、原因は何なのか。

おん的にはやはり需要側が諸悪の根源と考えてしまいます。
季節も天候も関係なくいつでも同じ値段で野菜が買えるのが
当然みたいな意識があって、そんなの誰も約束していないし
自然相手に保証もできないのに、裏切られたみたいな反応を
しているにすぎないのではないでしょうか。

まあJASRAC批判と似たようなもので、生産者よりも消費者が
圧倒的に多いから「世論」が偏るんだろうなと思います。

安定供給の手段として植物工場が注目されていますが、まだ
レタスとかしか作れないのが現状です。
野菜ジュースの原料などは輸入先を増やすことでリスク分散
しているそうですが、鮮度が命の生野菜はそうはいきません。
同じ方法を取るなら国内に生産地を増やすしかありませんが、
そもそもなり手が減り続けているのにできるわけありません。

価格は変動して当たり前、受け入れるべき、とは思いますが、
一方で低所得層の炭水化物偏重がさらに進み健康被害を招く、
という問題もあり簡単には片づけられない話です。
安定供給に向けた解決にこのまま手をこまねいているなら、
一時的だけでなく通常時の価格もいずれ上昇するでしょう。